道筋を構成して書く|テーマが重要になってくる小論文の書き方を覚えよう

小論文のテーマから自分の考えを道筋立てて書いてみよう

道筋を構成して書く

作文用紙

道筋を立てる

小論文が難しいと言われている原因の一つに、文字数の多さが挙げられています。テーマと文字数だけを言われても、小論文に慣れていないと困惑してしまう学生が多いのです。しかし自分なりの考えを道筋立てて構成していくことで文章も書きやすく、小論文として成り立ってきますよ。道筋を立てる場合にはしっかりとテーマに沿って文章を作っていかなければ、内容が逸れてしまう可能性もあるので、その点は注意が必要になってきます。内容が逸れると減点対象になってしまうため、高い点数を取るなら内容逸れと誤字脱字には気をつけて書きましょう。誤字脱字は小論文にありがちなので、見直しの時間を設けて確認することで回避することが出来ます。

構成を分けて書く

小論文の場合、一般的に三段落構成や四段落構成が利用されます。構成を分けることは自分の考えを読み手側に伝えやすくするだけではなく、莫大な文字数を段落に分けて割り振ることが出来るので構成しやすくなる効果もあるのです。三段落構成は序論、本論、結論となっており、一番肝心な部分は三段落構成の中心である本論になっているので、一番文字数が多くなります。序論や結論とのバランスを考えて書いていくと質の高い小論文が書けるでしょう。小論文の書き方としてもう一つのポイントが要点を押さえて要約した文章を構成することです。簡潔に分かりやすくまとめることで感想文になることを防ぎ、自分の考えや主張を伝えやすくなるのでぜひ覚えておきましょう。

小論文に役立つネタリスト

  • 新聞
  • 参考書
  • ニュース
  • 情報誌

進学に役立つ情報を紹介!

作文用紙

道筋を構成して書く

入試に欠かせない小論文は文章構成が大事になってきます。どのように構成していけばいいのかを次のページで紹介しているので、気になる方はぜひ確認しておきましょう。

READ MORE
学生

お金がなくても入れる学校

入学金や授業料などは負担になってしまうものです。しかし、教育ローンが利用でき、アルバイトと両立して学べる学校であれば、学生でも授業料を払いながら学校に通うことが出来るのです。

READ MORE
広告募集中